「液状化対策」のホントのところ

こんにちは、永田です。

東日本大震災で、地震リスク・津波リスクが気になりますよね。

弊社の会員さんより、「液状化」について質問を受けました。

===============================================

ご連絡、有り難うございます。
大変、勉強になります。

いま検討している物件については、
東日本大震災で液状化の影響は無かったようです。

因みに、業者からは、液状化対策としては、
「杭打ちをするので大丈夫」、津波について「いわゆる湾ではないの大丈夫」との説明でした。

何度も恐縮ですが、ネットで調べてもイマイチ分からず、宜しくご教示下さい。

===============================================

いま熱心に物件取得を考えている会員さんからの質問です。

液状化対策工事を行っているので大丈夫との業者説明のようですが、
杭打ちは建物の荷重を支える工事ですので、液状化対策ではないですね。

重量鉄骨でしたら一般的に杭打ちをしますので、
液状化しても「建物」には影響少ないです。

ここで「建物」と記載したのは、液状化の影響は
建物ではなく「敷地」に影響するものだからです。

建物は杭打ちしてますので、建物被害は小さいのですが、
土壌改良工事を行っていない敷地は地盤が下がってしまうのです。

建物の高さはそのままで、地盤が下がりますので、
建物と地盤に段差ができてしまいます。

また、敷地に埋設している配水管と建物の接続部が
段差の影響により損傷してしまうのです。

このように液状化の影響は、建物そのものではなく、敷地にあるのです。

したがって、業者が話す「杭打ちをするので大丈夫」については
液状化対策ではないことにご留意くださいね。

永田

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ