鼻息の荒い外資系ファンド

こんにちは。

永田広治です。

私は職業柄プロの投資家たちと話をする機会があります。

アベノミクスによる株高の影響やオリンピック開催決定によって、

不動産の価格が急激に上がっています。

外資系ファンドやJ-REITなども徐々に前のめりになってきています。

特に鼻息が荒いのが「外資系ファンド」ですね。

あるアメリカ系ファンドは、日本の不動産のピークは来年だと読んでいるようです。

ですので、なるだけ今のうちに物件を仕込んでおいて、

来年以降、物件売却をしていこうと考えているようです。

一方のJ-REITは、比較的冷静さを保っています。

彼らは長期運用なので、一時的なマーケット変動に左右されることなく

巡航速度で物件を買って行ってますね。

なので、いまのプロ投資家の動きは、

J-REITよりも鼻息の荒い外資系ファンドの価格が強いですね。

日常からプロ投資家と話す機会が多い立場にいますので、

彼らがどのように物件を購入しているか紹介した教材を作っています。

参考までに下記をご覧くださいね。

http://bit.ly/1d42vKW

では、また!

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ